手形割引とは?よくわかる5つの手順であなたも今すぐ手形を換金・現金化しよう

金銭を支払う期日を設定し、支払うことを約束して発行する手形。手形は小切手とは違い、必要資金が手元になくても取引を行うことができるので、企業によっては重要度が高いものと言えます。

この手形を扱う上で、知っておくべき知識として「手形割引」が挙げられます。経費の支払いなどによって手元にすぐに現金を用意したい場合には、この手形割引を効果的に活用することで、短期間で現金を調達できる可能性があります。ただし、手形には期限が設けられているので、手形割引を利用するのであれば事前に現金化の手順を確認し、早めに行動を起こすことが大切です。

そこで今回は、手形割引に関する概要と、現金化の流れについてご紹介していきましょう。

続きを読む

【保存版】不動産担保ローン25選!借入ができて金利がお得な銀行・ローンまとめ

不動産担保ローン」と呼ばれるローン商品をご存じでしょうか?自分が所有しているマンションなどの不動産を担保にして、融資を受けるローンを不動産担保ローン(不動産担保融資)と言います。

不動産担保ローンはカードローンなどに比べると、担保がある分多くの金額を借り入れられます。そのため、必要な事業資金が多額に上る場合に、不動産担保ローンを利用する経営者・起業家の方は少なくありません。

ただし、日本国内に限っても不動産担保ローンは多く存在しており、ローンごとに異なる特徴を持っています。理想の条件で融資を受けたいのであれば、各ローンを比較した上で適したものを選ばなくてはなりません。

そこで今回は、25個の不動産担保ローンの情報をまとめました。以下の情報を参考にしながら、自身のケースに適したローンを見つけていきましょう。

続きを読む

補助金・助成金を100%受ける5つのコツ!あなたも300万円をゲットできる

補助金・助成金を一言で簡単に説明すると、国や地方自治体からもらえる特別なボーナスです。ボーナスですから、返す必要はありません。補助金・助成金には政府同士(国から地方など)や個人に対するものも存在しますが、この記事では企業が国や地方自治体からもらえる補助金・助成金に限ってご紹介します。

なぜそのようなお金をもらえるか、不思議だと思いませんか?通常は企業にとってお金が必要な時は融資などなんらかの資金調達方法をとりますよね。政府がポンとお金をくれて、しかも返済義務がない。「うまい話には裏がある」の格言通り、後になってなにか請求されるのでは?とお疑いかもしれません。

しかし、以下の本文をお読みいただければ分かるとおり、補助金や助成金を受け取るということは公益上必要がある場合、つまり「あなたの企業が社会に役に立っているのでお金をさしあげますよ」、という太鼓判を押されたのと同じことなのです。普段は税金や保険料など多額のお金を国や地方自治体に支払っているわけですから、それが還元されるものだと思って堂々と受け取って良いのです(そもそも補助金・助成金の財源は税金や雇用保険料等です)。

そんな補助金・助成金ですが、受け取るには条件がいろいろあります。その条件は補助金・助成金ごとに違いますが、それらに共通した5つのコツがありますのでそれをメインに紹介させていただきます。300万円ゲットをめざしてがんばりましょう!

続きを読む

運転資金の融資を受ける5つのコツ!正しい計算で確実に借入できる

夢と希望に燃えて起業に成功し、設備投資も万全に行い、順調にスタートを切った新米起業家の多くが「資金不足」でその夢を絶たれてしまう・・。そんな残酷な現実をご存じでしょうか?そもそも売上がなければ資金不足になる、というのは小学生でも理解できることです。しかし、売上があるにも関わらず資金不足になってしまうことがこの世の中にはあるのです。

なぜそのようなことが起こってしまうのか?それは、運転資金について詳しく知らずに起業してしまう、または運転資金の計算が甘いことが原因です。そこでこの記事では、企業経営に欠かせない運転資金の仕組みと、その計算方法についてわかりやすくまとめました。

そして、運転資金不足解消のための秘策もご紹介していますので、最後までぜひご覧下さい。

続きを読む

経営者の10の条件!あなたの性格や資質・心得は合ってる?

「自分には経営者としての適正があるだろうか?」

そんな疑問に、多くの経営者またはこれから経営者になろうとする人が必ず悩むでしょう。どんなに努力しても、そもそも経営者として適していないと無駄な努力に終わってしまうかもしれません。ですので、あなたの性格や資質・心得が経営者として適しているかどうかを探ることが大事です。

実は多くの優れた経営者は、過去の歴史を非常に好んで学びます。その中で自分の取るべき道を学び続けるのです。この記事では、優れたリーダーシップとはどのようなものかについて語られた古代の教え、儒教をもとに、経営者に必要な10の条件をピックアップしました。それをもとにあなたが経営者としてリーダーシップを発揮できるか、様々な面からチェックしてみてください。

さらに、儒教にあまりなじみがないという方にも理解が進むように、「南総里見八犬伝」など日本の有名な歴史や小説についてもとりあげています。

続きを読む

起業資金の調達方法7選!借入・出資などメリットデメリット完全比較

「借金は良いこと?それとも悪いこと?」という質問に「悪いこと!」と即答していませんか?それは一般的には正しい答えかもしれませんが、これから起業して経営者になろうという方にとっては「不正解」です。

正解は「前向きな借金は良いこと、後ろ向きな借金は悪いこと」です。全ての借金が悪いことだとお考えの方は、親や先生などから「借金したらとんでもないことになるぞ」と脅されたり、テレビ番組などで借金で失敗した事例をたくさん見聞きして「借金=悪」という洗脳をされてしまっているからかもしれませんよ。

もちろん、借金する必要がなければそれにこしたことはありません。「無借金経営」する自信がある方はこの記事はあまり役に立たないでしょう。でも、無借金経営にはトレンドに取り残されやすい、経営の自由度が限定されるなどのデメリットもあります。

そこで、この記事ではこれから起業したいけどそれを実現させるための資金が十分にない、という方がトレンドに取り残されないために選択できる7つの資金調達法をご紹介します。これにより、起業するまでの時間を大幅にショートカットできるのです!

続きを読む

資金運用100%成功ガイド!あなたの資産を確実に増やす方法人気ランキング

所有する資金が増えてくると、「その資金を眠らせておくのはもったいない」と感じる方もいることでしょう。金融機関にただ預金をするだけでは、その資金が大幅に増えることはありません。

そのため、多くの方は資金がある程度増えてきたタイミングで、「運用すること」を検討します。しかし、資金運用にはリスクがあるので、金額や目的に応じた方法を選ぶことが重要になります。

そこで今回は、資金を増やす方法と、各方法の特徴をランキング形式でご紹介していきましょう。

続きを読む

公的資金とは?融資・出資・助成金など5つの方法であなたの会社も資金調達ができる

「資金不足が原因で起業できない…」「会社の運転資金が底を尽きそう…」などの問題を抱えている方はいませんか?起業資金や運転資金が不足していると、魅力的な事業計画を作成したとしても、その事業を円滑に進めることができません。

しかし、公的資金を上手に活用すれば、資金に関する問題を解消できる可能性があります。公的資金は起業家や経営者の大きな助けとなる存在であり、中にはこの公的資金によって経営が回復した企業も見られます。

そこで今回は、公的資金の概要について徹底的に解説していきましょう。

続きを読む

資本金とは?増資の3つの方法とメリット・デメリット総まとめ

日本国内で会社を設立する際には、資本金が必要になるとされています。各企業は資本金の金額を公表しているため、「資本金」の文字は企業のホームページなどさまざまなところで見られますが、そもそもこの資本金とはどのようなお金なのでしょうか

また、資本金と密接に関わる言葉として、「増資」が挙げられます。増資は経営戦略にもなる手段であり、現代では多くの企業が資本金の増資を行っています。

そこで今回は、資本金と増資の概要と、増資の方法などについてまとめてみました。会社に関する基礎知識となるので、これを機会にしっかりと身につけておきましょう。

続きを読む

開業資金・開業費用を助成金でゲット!200万円を手に入れる5つの手順

開業資金・開業費用を用意する手段は、金融機関などからの融資だけではありません。現代の日本には、起業家を支援する「助成金制度」がいくつか存在しており、200万円前後の資金であれば助成金制度のみで用意できる可能性があります。

ただし、単に起業家として会社を経営するだけでは、助成金制度を利用することはできません。助成金制度には応募要件が定められているので、申請前には正しい手順で準備を済ませておく必要があります。

なお、助成金制度と似ている制度として、「補助金制度」と呼ばれるものがあります。補助金と助成金は厳密には異なりますが、補助金制度も資金のねん出に役立つ制度なので、この記事では補助金制度に関する情報もご紹介していきましょう。

続きを読む

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント