売掛金を即現金化で資金繰り改善!ファクタリングを徹的分析

今日中に資金調達!売掛金を売ることで資金繰り改善ができる方法であるファクタリングを解説していきます。つなぎ融資ではありません。

*

ここはファクタリングについて徹底的に解説していくサイトです。

ファクタリングとは、売掛債権を業者が買い取り、その売掛債権を回収するサービスを指します。

2ヶ月後に1000万円が入ってくる売掛債権(売掛金)をファクタリング業者が960万円で買い取ることで、今日、明日中に960万円の現金を手に入れることができる手法です(96%の場合)。

ファクタリングは近年、資金調達の手法として急速に広まっています。

ファクタリングの長所は
①税金を滞納していても、赤字決算でも問題なしで最短今日中に売掛金を現金にすることができます。
②手形を割るように売掛先や銀行にバレることもありません。
③融資ではないので貸借対照表で負債にもなりません。

ファクタリングの短所は
①融資(銀行の借入)よりも少々割高。
②売掛債権がないとできない。

そんな長所や短所をもったファクタリングを良い所悪い所も含めて、徹底的に解説していきます。

なぜファクタリングは税金を滞納していても赤字決算でも現金が手元に来るのか?

ファクタリングでは銀行などの金融機関の審査が必要ないからです。

一般的に銀行から融資を受ける場合、税金を滞納していたり、赤字決算ならまず審査が通ることがありません。商売がうまく行っている時はニコニコして、神様のように接してくれるのに、どうしても融資が必要な時になると手のひらを返してぞんざいに接するのが銀行というものです。

しかしファクタリングは銀行を使わない資金調達の方法ですので、銀行に媚びへつらう必要はありません。

売掛金さえあれば即日現金が手元に来る、それがファクタリングです。

なぜファクタリングは売掛先(取引先)や銀行に売掛金を買ってもらったことがバレないのか?

aaaaaaaaaaa

ファクタリングはあなたの会社の売掛金をファクタリング業者に買ってもらうというサービスですが、あくまで契約は2社間となります。

2ヶ月後に1000万円が入ってくる売掛債権(売掛金)をファクタリング業者が960万円で買い取ってもらった場合、2ヶ月後に1000万円を払えばいいだけなのです。

普通の会社の取引と同じようにファクタリング業者との取引も同じなんですね。

売掛先(取引先)や銀行にファクタリングをしたことがバレてしまう3社間契約

aaaaaaaaaaa

ファクタリングには3社間契約というものがあります。

この場合は取引先にバレてしまうので好ましくありません。

ファクタリングを利用する時は2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかを先に確認しておきましょう。

なぜファクタリングは貸借対照表(バランスシート)で負債にならないのか?

ファクタリングはあくまで融資ではないので、負債になりません。決算前にファクタリングを利用することで黒字決算にすることも可能です。

貸借対照表は銀行の評価の重要な指標の一つですので、ファクタリングを利用することで評価の高い貸借対照表にすることも可能です。

ファクタリングの短所

便利なファクタリングですが、万能なわけではありません。ファクタリングの短所も解説します。

融資(銀行の借入)よりも少々割高

2ヶ月後に1000万円が入ってくる売掛債権(売掛金)をファクタリング業者が960万円で買い取るという先ほどの例で考えていきましょう。

この例の場合、2ヶ月で4%の手数料をファクタリング業者に支払わねばならないということと同じ意味になります。もし銀行の融資だったら2ヶ月で4%、12ヶ月で24%、年利24%ということになります。利息制限法に抵触するくらいの高利息になってしまいます。

銀行の融資に比べればファクタリング業者に支払う手数料は割高だということになります。もちろん、融資も契約の形態によるので一概には言えませんが、どんなに高くても銀行の借入なら年10%にもならないでしょう。

そのため、融資でどうにか乗り越えれるなら融資のほうが金利は安いはずです。

売掛債権がないとできない

ファクタリングは売掛債権を担保にしたサービスです。そのため売掛債権がないとファクタリングをすることができません。

売掛金がないインターネット系のビジネスなどはファクタリングを利用することができません。

ファクタリングをするための優良な業者3選

1:日本一の資金調達サイト 資金調達プロ

資金調達プロは日本全国1,000社以上の業者と提携している資金調達で日本一のポータルサイトです。

2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも対応できて、カンタン無料診断で自分がいくらファクタリングできるのかすぐにわかります。まずは資金調達プロで無料診断をしてみることをおすすめします。

資金調達プロ 公式ページ
http://shikin-pro.com/factoring

2:クリエイトイノベーション

クリエイトイノベーションはまだ創業間もない会社ですが、創業から実績を伸ばしているファクタリング業者です。

2社間ファクタリングに特化しています。

クリエイトイノベーション 公式ページ
http://www.create-in.jp/about.html

3:ワダツミ

begin-factoring05logo

ワダツミはファクタリング業者の中では老舗の会社です。

ただし2社間ファクタリングは行っておらず、3社間のみのファクタリングなので注意が必要です。その分手数料は安めではあります。

ワダツミ 公式ページ
http://wadatsumi.co.jp/factoring/

まとめ

もう一度おさらいです。

ファクタリングの良い所

①税金を滞納していても、赤字決算でも問題なしで最短今日中に売掛金を現金にすることができます。
②手形を割るように売掛先や銀行にバレることもありません。
③融資ではないので貸借対照表で負債にもなりません

ファクタリングの悪い所

①融資(銀行の借入)よりも少々割高。
②売掛債権がないとできない。

 

自分の状況にあわせて融資とファクタリング、どちらがいいか参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2016/02/17