【最新】今すぐお金を借りる30の方法!1日審査・即日融資で5万10万30万円借入成功できる!銀行個人ローン~掲示板

「いますぐお金を借りたい!」という方に、お金を借りるための30の方法をご紹介します。一言で「お金を借りる」といっても融資、借金、ローン、ツケなど様々な方法があります。どんな方法で、誰から借りるのかによってそれぞれメリット・デメリットがあります。本記事では、「個人向け」・「ビジネス向け」にそれぞれの方法と借りられる金額・特徴(審査難易度やメリット・デメリット)を徹底的にまとめましたので、あなたに合った方法が見つかれば幸いです。

続きを読む

ビジネスコンテスト優勝作品からわかる勝利の法則4つ!あなたも起業で成功できる

ビジネスコンテストは、ビジネスに成功するアイディアの宝庫です。なぜなら、ビジネスコンテスト参加者が優勝を目指して創意工夫を凝らした完成度の高いビジネスプランを練った作品がたくさんあるからです。中でも優勝した作品は特に優れているだけでなく実現性も高いものが選ばれています。

既存のビジネスをもっと成功させたい経営者、新たに会社を立ち上げたいベンチャー起業家、日本の枠にとらわれずグローバルに活躍したい方には、ビジネスコンテスト優勝作品から学べる4つの勝利のための法則が断然おすすめです!

ビジネスコンテストは「ビジコン」と呼ばれることもあり、大きく分けて3種類あります。

  1. 企業主催のビジネスコンテスト
  2. 政府や自治体主催のビジネスコンテスト
  3. 学生主催のビジネスコンテスト

日本においては1996年に初めて開催された「学生のためのビジネスコンテストKING」以来、③の学生主催のビジネスコンテストが特に盛んです。また日本の枠にとらわれず、海外の学生と合宿形式でチームを組んでのビジネスコンテストも増加傾向にあります。それらの中でも選りすぐりのアイディアを例にしながら、勝利の法則4つをご紹介しています。興味のある項目からご覧になってください。

続きを読む

手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

ある日突然現金としての価値を持つたった1枚の紙、それが手形です。支払期日になると数百万、数千万円の価値を持つのは不思議な感じがしませんか?でも、その理由は手形取引が高度の安全性に裏打ちされているからです。(1万円札だって日本という国がその価値を保証しているからこそ価値があるのと同じです。) 手形法という法律によって手形取引は厳格に規定されていますし、手形の不渡りを出すことは会社にとって即時の銀行取引停止にもつながる、つまり手形の不渡りは倒産と同等の状態ともいえるのです。

それだけ安全な手形だからこそ、手形は換金・現金化することが容易です。そして、すぐにでも現金がほしい状況になったときには支払期日前に現金化することさえ可能です。それが手形割引という方法です。会社の売上が減少するなど、手形を受け取ったときに比べて資金繰りが苦しくなったときに、手形割引が利用できる場合があります。 そこで、手形割引の仕組みのことを詳しく知りたい方向けに、手形を換金・現金化するための4つの手順、そして手形割引に失敗しないための3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

資金ショートとは?資金繰り対策して黒字倒産を確実に防ぐ7つの方法

質問です。会社が倒産するのは次のうちどの状態になった時でしょう?

①赤字になった

②借金が多すぎる

③資金ショートした

正解は③の資金ショートした、です。どんなに売上が減少して赤字になっても、借金が多額になっても、資金さえショートしなければ経営を続けることができます。逆にお金が一瞬でも底をついてしまったら、次の日から営業を続けることができなくなってしまう、そんなこともあり得るのです。

資金ショートすると、売上が順調にもかかわらず倒産してしまう「黒字倒産」という状態になってしまいかねません。小手先の資金対策ではどうにもならない場合もありますので、根本的な対策を事前に練っておく必要があります。 また、多くの経営者の方が資金繰りに悩んだ挙げ句「自己破産して楽になろうか・・・」という悪魔のささやきに負けてしまうのです。しかし、自己破産してしまうと、あなたの資産や信用、人間関係、さらにはマイホームすら失ってしまう可能性があるのでおすすめできません。「自己破産」を回避して事業を継続する資金繰りの方法をぜひ選択してほしいのです。

そこで、資金ショートして黒字倒産してしまわないために、有効な7つの資金繰り対策をご紹介します。事前対策を3つ、土壇場での対策を3つ、さらに資金ショート寸前での一発逆転の対策を1つ、です。その前に、まずは資金ショートとはどのような状態なのかを明らかにしておきましょう。

続きを読む

制度融資の審査を通す5つのコツ!あなたも借入できるオススメ制度まとめ

多くの経営者や起業家に利用されている制度融資。制度融資は中小企業にとって重要な資金調達方法であり、制度融資で得た資金によって独立をする方も珍しくはありません。

しかし、制度融資は誰もが利用できる制度ではなく、申し込みを行うと審査が実施されるケースが一般的です。この審査に通過しなければ、もちろん融資を受けることはできません。

そこで今回は、この制度融資に関する概要に加えて、制度融資の審査のコツをご紹介していきます。

続きを読む

マル経融資の審査を通す6つのコツ!あなたも無担保・無保証・低金利で商工会議所から借りれる

起業家や中小企業に対して、さまざまな融資制度を実施している日本政策金融公庫(日本公庫)。代表的な制度としては、新創業融資制度や新規開業資金などが挙げられますが、「マル経融資」も小規模事業者向けの制度です。

マル経融資には、小規模事業者にとって魅力的な特徴がいくつかあるので、この制度を利用する中小企業は少なくありません。ただし、このマル経融資においても審査が実施されるので、利用を検討している方は審査のコツをつかんでおく必要があります。

そこで今回は、マル経融資の概要に加えて、審査のコツをご紹介していきましょう。

続きを読む

決算対策8つのテクニック!節税できる&銀行から融資を受けられる決算書の作り方

一般的に会社にとって利益が増えることは、望ましい結果とされています。しかし、利益が増えるとその分法人税などの支払いも増えるので、特に資金繰りに悩んでいる中小企業は、現金不足に悩まされやすい傾向にあります。

そこで考えておきたいのが、法人の決算対策です。決算対策とは、決算の方法を工夫することによって、費用を節約する対策を指します。多くの企業にとって、この決算対策は重要な意味合いを持つでしょう。

そこで今回は、決算対策のテクニックに加えて、融資を受けやすい決算書にするテクニックをご紹介していきます。今回ご紹介するテクニックを学ぶだけで、会社の資金繰りが改善される可能性があるので、積極的に読み進めていきましょう。

続きを読む

事業計画書の書き方100%成功ガイド!金融機関から借入するために記載するべき6つのポイント

法人が金融機関から融資を受けるには、一般的に事業計画書の提出が必須となります。法人は会社の資産状況だけでなく、「今後どのような事業を展開するのか?」「その事業は成功する可能性が高いのか?」なども審査基準として採り入れているので、事業計画書の質が高くなければ審査に通過する可能性は低いでしょう。

事業計画書に関しては、ただ事業の内容を記載すれば良いというわけではありません。審査担当者を説得できるよう、さまざまなポイントを押さえて慎重に作成をすることが大切です。

そこで今回は、事業計画書の書き方のポイントをご紹介していきましょう。

続きを読む

【会社設立100%手続きガイド】9つの手順・流れに沿ってあなたも5日で社長になれる!

「スキルを着実に身につけて、将来的に起業を目指したい」と考えているサラリーマンは、世の中に多く見られます。ただし、起業をするべきタイミングはいつ来るのか分からないので、いつでも起業に向けて動き出せるように、早めに準備を進めておかなくてはなりません。

起業をすると考えた時に、多くの方は株式会社の設立を検討するのではないでしょうか?以前と比べると株式会社設立のハードルは下がりましたが、それでも正しい手順を把握しておかなければ、株式会社を素早く設立することはできません。

そこで今回は、株式会社設立の手順を詳しくご紹介していきます。ベストなタイミングを逃さないためにも、事前に必要な知識を身につけておきましょう。

続きを読む

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント