ファクタリング

補助金・助成金を100%受ける5つのコツ!あなたも300万円をゲットできる

By: tec_estromberg

補助金・助成金を一言で簡単に説明すると、国や地方自治体からもらえる特別なボーナスです。ボーナスですから、返す必要はありません。補助金・助成金には政府同士(国から地方など)や個人に対するものも存在しますが、この記事では企業が国や地方自治体からもらえる補助金・助成金に限ってご紹介します。

なぜそのようなお金をもらえるか、不思議だと思いませんか?通常は企業にとってお金が必要な時は融資などなんらかの資金調達方法をとりますよね。政府がポンとお金をくれて、しかも返済義務がない。「うまい話には裏がある」の格言通り、後になってなにか請求されるのでは?とお疑いかもしれません。

しかし、以下の本文をお読みいただければ分かるとおり、補助金や助成金を受け取るということは公益上必要がある場合、つまり「あなたの企業が社会に役に立っているのでお金をさしあげますよ」、という太鼓判を押されたのと同じことなのです。普段は税金や保険料など多額のお金を国や地方自治体に支払っているわけですから、それが還元されるものだと思って堂々と受け取って良いのです(そもそも補助金・助成金の財源は税金や雇用保険料等です)。

そんな補助金・助成金ですが、受け取るには条件がいろいろあります。その条件は補助金・助成金ごとに違いますが、それらに共通した5つのコツがありますのでそれをメインに紹介させていただきます。300万円ゲットをめざしてがんばりましょう!

続きを読む

運転資金の融資を受ける5つのコツ!正しい計算で確実に借入できる

By: Steve Jurvetson

夢と希望に燃えて起業に成功し、設備投資も万全に行い、順調にスタートを切った新米起業家の多くが「資金不足」でその夢を絶たれてしまう・・。そんな残酷な現実をご存じでしょうか?そもそも売上がなければ資金不足になる、というのは小学生でも理解できることです。しかし、売上があるにも関わらず資金不足になってしまうことがこの世の中にはあるのです。

なぜそのようなことが起こってしまうのか?それは、運転資金について詳しく知らずに起業してしまう、または運転資金の計算が甘いことが原因です。そこでこの記事では、企業経営に欠かせない運転資金の仕組みと、その計算方法についてわかりやすくまとめました。

そして、運転資金不足解消のための秘策もご紹介していますので、最後までぜひご覧下さい。

続きを読む

経営者の10の条件!あなたの性格や資質・心得は合ってる?

By: Search Engine People Blog

「自分には経営者としての適正があるだろうか?」

そんな疑問に、多くの経営者またはこれから経営者になろうとする人が必ず悩むでしょう。どんなに努力しても、そもそも経営者として適していないと無駄な努力に終わってしまうかもしれません。ですので、あなたの性格や資質・心得が経営者として適しているかどうかを探ることが大事です。

実は多くの優れた経営者は、過去の歴史を非常に好んで学びます。その中で自分の取るべき道を学び続けるのです。この記事では、優れたリーダーシップとはどのようなものかについて語られた古代の教え、儒教をもとに、経営者に必要な10の条件をピックアップしました。それをもとにあなたが経営者としてリーダーシップを発揮できるか、様々な面からチェックしてみてください。

さらに、儒教にあまりなじみがないという方にも理解が進むように、「南総里見八犬伝」など日本の有名な歴史や小説についてもとりあげています。

続きを読む

起業資金の調達方法7選!借入・出資などメリットデメリット完全比較

By: motoyen

「借金は良いこと?それとも悪いこと?」という質問に「悪いこと!」と即答していませんか?それは一般的には正しい答えかもしれませんが、これから起業して経営者になろうという方にとっては「不正解」です。

正解は「前向きな借金は良いこと、後ろ向きな借金は悪いこと」です。全ての借金が悪いことだとお考えの方は、親や先生などから「借金したらとんでもないことになるぞ」と脅されたり、テレビ番組などで借金で失敗した事例をたくさん見聞きして「借金=悪」という洗脳をされてしまっているからかもしれませんよ。

もちろん、借金する必要がなければそれにこしたことはありません。「無借金経営」する自信がある方はこの記事はあまり役に立たないでしょう。でも、無借金経営にはトレンドに取り残されやすい、経営の自由度が限定されるなどのデメリットもあります。

そこで、この記事ではこれから起業したいけどそれを実現させるための資金が十分にない、という方がトレンドに取り残されないために選択できる7つの資金調達法をご紹介します。これにより、起業するまでの時間を大幅にショートカットできるのです!

続きを読む

設備資金とは?確実に融資審査を通し1,000万円借入できる5つのコツ!

By: UFCW Local400

“起業したい、そしてそのための設備資金として1,000万円が必要”

そんな時、あなたはどうしますか?

①自分で貯金する

②宝くじやギャンブルで当てる

③融資を受ける

①を選んだ方、サラリーマンとして働きながら1,000万円を貯金するのに何年かかるかご存じでしょうか? 仮に毎月5万円を貯金すると仮定すると(それでも結構ハードルが高いかもしれませんが) 5万円×12ヶ月×17年=10,200,000円 つまり、なんと約17年も毎月5万円を貯金し続ける必要があります。貯金によって得られる利息は考えていませんが、日本の銀行の金利が急速に上がる可能性が低いことを考えると、期待薄ですね。

②を選んだ方、違法ギャンブルは別として、公営ギャンブルでどの程度稼げるかご存じでしょうか?実は、日本のギャンブルは驚くほど還元率が低く、その実態を知れば「ぼったくりじゃないの?」と思うようなシステムなのです。 しかも所得税がかかると、もうけがほとんどないというからくりが・・・。 そう考えると、勝っても負けても1,000万円ためるどころか、いずれそれ以上の借金を負ってしまいかねないのです。

公営ギャンブルの還元率が分かるサイト

ということで、③を選んだ方が正解です。 「そんなこと言っても、月収数十万円のサラリーマンが1,000万円の融資を受けられるの?」という疑問があるかもしれません。しかし、方法次第ではそれが可能だと知ったらびっくりされますか?設備投資を借り入れするための5つのコツを明らかにしていきますので、期待してご覧ください。

続きを読む

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント