融資

運転資金の融資を受ける5つのコツ!正しい計算で確実に借入できる

By: Steve Jurvetson

夢と希望に燃えて起業に成功し、設備投資も万全に行い、順調にスタートを切った新米起業家の多くが「資金不足」でその夢を絶たれてしまう・・。そんな残酷な現実をご存じでしょうか?そもそも売上がなければ資金不足になる、というのは小学生でも理解できることです。しかし、売上があるにも関わらず資金不足になってしまうことがこの世の中にはあるのです。

なぜそのようなことが起こってしまうのか?それは、運転資金について詳しく知らずに起業してしまう、または運転資金の計算が甘いことが原因です。そこでこの記事では、企業経営に欠かせない運転資金の仕組みと、その計算方法についてわかりやすくまとめました。

そして、運転資金不足解消のための秘策もご紹介していますので、最後までぜひご覧下さい。

続きを読む

融資と出資どちらが有利?起業家が知りたい3つの成功ポイント

By: Steve Jurvetson

企業経営には何かとお金が必要になります。そのすべてを自己資金で賄えれば理想的ですが、現実にそんなことが出来るわけもなく、なんらかの形でお金を工面しなくてはなりません。多くの経営者が選択する方法としては、外部からの融資出資を募ることになります。

融資と出資にはそれぞれに違ったメリットとデメリットがあるので、それらを利用する前に両者を良く比較して検討することが大切です。そこで、融資と出資それぞれのメリット・デメリットを比較すると共に、融資と出資を成功させるため、それぞれの「3つの成功ポイント」をご紹介します

 

続きを読む

設備資金とは?確実に融資審査を通し1,000万円借入できる5つのコツ!

By: UFCW Local400

“起業したい、そしてそのための設備資金として1,000万円が必要”

そんな時、あなたはどうしますか?

①自分で貯金する

②宝くじやギャンブルで当てる

③融資を受ける

①を選んだ方、サラリーマンとして働きながら1,000万円を貯金するのに何年かかるかご存じでしょうか? 仮に毎月5万円を貯金すると仮定すると(それでも結構ハードルが高いかもしれませんが) 5万円×12ヶ月×17年=10,200,000円 つまり、なんと約17年も毎月5万円を貯金し続ける必要があります。貯金によって得られる利息は考えていませんが、日本の銀行の金利が急速に上がる可能性が低いことを考えると、期待薄ですね。

②を選んだ方、違法ギャンブルは別として、公営ギャンブルでどの程度稼げるかご存じでしょうか?実は、日本のギャンブルは驚くほど還元率が低く、その実態を知れば「ぼったくりじゃないの?」と思うようなシステムなのです。 しかも所得税がかかると、もうけがほとんどないというからくりが・・・。 そう考えると、勝っても負けても1,000万円ためるどころか、いずれそれ以上の借金を負ってしまいかねないのです。

公営ギャンブルの還元率が分かるサイト

ということで、③を選んだ方が正解です。 「そんなこと言っても、月収数十万円のサラリーマンが1,000万円の融資を受けられるの?」という疑問があるかもしれません。しかし、方法次第ではそれが可能だと知ったらびっくりされますか?設備投資を借り入れするための5つのコツを明らかにしていきますので、期待してご覧ください。

続きを読む

許認可事業を起業するとき創業融資の相談をする5つの相談相手を徹底比較

By: Colleen Taugher

「会社を起業しよう!」そう思ったら、すぐに起業できるでしょうか?

もちろん起業しようという意思はとても大事ですが、それだけでは会社は起業できません。 特に許認可事業を起業する時は、警察署や保健所、その他の行政機関に対して許認可の申請をしなければなりません。

許認可というと少し難しく感じられるかもしれませんが、例えばラーメン屋を開店したいとしても、食品衛生法に基づいて飲食店営業許可を取得しなければなりません。

許認可はとても範囲が広く手続きも面倒ですので、起業のスペシャリストに相談することが成功の近道です!

続きを読む

40代の経験豊富なサラリーマンが創業融資を得る3つの条件

By: Yosuke Watanabe

「起業したいけど、自分には無理だろうなぁ・・・」とため息をついている40歳を過ぎたサラリーマンは日本にかなり多いと思われます。あなたもその一人かもしれませんね!

孔子が論語で語った有名な言葉「四十にして惑わず」という言葉がありますが、40歳というのは一つの人生のターニングポイントだと言えます。そして、前述のように「起業したい、でも・・・」とお考えであれば、そのまま一生サラリーマンを続けるか、それとも思い切って起業するか、決断すべき年齢でもあるのです。

そして、起業するという決断も大事ですが、それだけでは起業はできません。

この記事では、創業融資を得るための3つの条件

・創業のための資金計画

・創業融資を集める方法の幅広さ

・日本政策金融公庫からの融資を受けることが可能であること

を中心にご紹介していきます。 その前に、40代で起業するとなぜ良いのか、その4つの理由から見ていきましょう。

続きを読む

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント