キャッシングの審査に必ず通る!スムーズにお金を借りる5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: Philip Brewer

お金が急に必要になったときに便利なキャッシングは、即日にお金を借りることができる便利なシステムです。キャッシングと呼ばれることで「借金」という重いイメージはなくなり、現在ではオープンな雰囲気で書類と審査に通るだけで気軽に利用できるようになっています。

キャッシングの申込は銀行や消費者金融会社などの窓口へ行く必要がなくネット上でプライベートに行うことができます。返済や借り入れも毎日24時間ネット上で簡単に行うことができるので、自由な時間がまとめて取りにくい人でもゆとりを持った申請ができるようになっています。

しかしキャッシングを利用するには審査や書類などの審査に通る必要があります。これらの審査において一定の基準に達することができればキャッシングの利用が可能になります。場合によって審査に通らないこともありますが、原因を改善して審査に通ることは可能です。

審査はお金を貸す側として借り入れに対し必要な質問をして、申込者の経済力状況とともに返済能力があるかを確認するために行われるものです。万が一返済できないトラブルになって、会社側が損害を受けないために行われる必要不可欠なものなのです。

キャッシングが初めての人も審査に通ることができなかった人でも、ここでキャッシングのしくみを把握しながら、審査から返済までしっかりできるように勉強しておきましょう。

スポンサーリンク

① キャッシングをする前に知っておきたい基礎知識

キャッシングはネット上や提携のATMなどで手軽にお金を借りたり返済をすることができます。また担保を必要としないので利用者に負担をかけずに借り入れが出来ることもメリットです。その分金利が比較的高めに設定されていますが、キャッシングは賢く利用することで生活に潤いをもたらしてくれます。

まずキャッシングを利用するためには審査に通らなければいけません。審査には書類を含め申込者の経済力状況や返済能力を調べるための質問内容がたくさんあります。

しかし審査といっても、自分のことを正直に答えるだけです(インターネット上であれば入力していくだけ)。とりわけ収入を得る形態(固定給払いの正社員など)や年収、また収入に見合った借入額をしているかなどの審査は重視されます。

キャッシングには銀行のカードローン消費者金融会社の二つのタイプがあります。それぞれ特徴がありますので個人のニーズに合わせたキャッシング法を選びましょう。

また利用者が一度キャッシングをすると借り入れデータとして信用情報機関に記録されます。信用情報機関とは利用者の過去の借入額や返済、そして延滞などの全ての記録を含め、キャッシング会社間または個人でも確認することができるようになっています。

審査に通ってお金を借りることができたら、使用目的どおりにお金を使うようにしましょう。キャッシングができた時点で気持ちが大きくなり賭け事や旅行など予定外のものごとに使ってしまってはお金が再び必要になってしまいます。

返済の目処が立たなくなってしまうと複数のキャッシングをすることになり、やがては借金地獄にはまってしまうことになります。キャッシングはあくまでも一時的なサポートとして、しっかりと返済プランを立てた上で借入をするようにしましょう。

・銀行カードローン

銀行では年収に対する借り入れの限度額がないので10〜1000万円までと高額な金額を借りることができます。金利も比較的低めに3〜17%となっていますが、キャッシングの審査に通るコツとして初めは数十万円程度といった少額から始めてみることをおすすめします(急に大きな金額を借りようとしても最初は100万円程度しか借りれない事が多いです)。

また最低金利率は最高金額に対してのものになりますが、中には同じ金融機関で同じ額を借りたとしても、あらかじめ設定された金利が多少異なることがあります。それは借り入れをする銀行との間にすでに住宅ローンや給与振込などの取引が行われている場合によるものです。また初めての利用にも金利は変動します。後になって金利が多くなっていると驚かないように、事前に借り入れ予定の銀行に問い合わせをしておきましょう。

高額な金額が借り入れ出来るのが銀行カードローンのメリットですが、返済の可能性のない借り入れは後々の生活が窮屈になってしまいます。返済に困って賃金業者をハシゴすることにならないように年収に見合った借り入れをするようにしましょう。

・消費者金融会社でのキャッシング

消費者金融会社でのキャッシングでの利用最高限度額は、銀行に比べ500万円までと借り入れは少なめです。金利は逆に5〜18%と高めに設定されています。

さらに消費者金融会社でのキャッシングには総量規制がかかっていますので、最大で年収の1/3までしかお金を借りることができません総量規制とは利用者が借入をしすぎて返済に困ってしまわないように金額に制限を設けた法律です。

またクレジットカードのキャッシングも総量規制対象になりますので、他の消費者金融会社にすでに年収の1/3の借り入れがあればクレジットカード会社でお金を借りることはできません。しかしクレジットカードでの買い物は対象外になるので、年収1/3を満たした借り入れが他の消費者金融会社にすでにあっても引き続き買い物をすることはできます。

② キャッシングの申請に必要な書類

キャッシングの申請には、銀行の住宅ローンのように多くの書類や来店する必要がありません。基本的には身分証明書収入証明書を揃えるだけでネット上でいつでも審査の申し込みが簡単にできます。

借り入れ金額や他の金融会社との合計利用残高によっては収入証明書の提出が必要ないところもあります(アイフルなどは身分証明書だけで50万円まで借りれます)。申請の際はルールをしっかりと読み通しておきましょう。

キャッシングの申込をPCやスマートフォンで申請をすれば、必要な個人のデータがすぐに集めることもできるので、出直しをする手間もなく快適に申請することができます。

・キャッシングに必要な書類

  1. 本人確認書類(運転免許証、保険証など)
  2. 収入証明書 (給料明細書、源泉徴収票など)

③ 真実を記入しよう!審査で問われる内容

キャッシングの申請には書類に加え、申込者が返済ができる経済状況であるか個人の情報を通して判断する様々な審査があります。審査に晴れて通ることにより初めてキャッシングができるようになります。

審査には主に3つのカテゴリーに分けることができます。審査には履歴書のような質問もありますが、いづれの審査はお金を借り入れる資格があるかの基準になりますので正しく記入しましょう。

⒈属性審査

属性審査はさらに4つのカテゴリーに分かれます。個人の生活状況から借り入れまで詳しく審査されます。審査内容はとりわけ借り入れに関する質問を抜粋しました。

①本人について

・家族構成
・保険の種類
・年齢
・独身/既婚
・子供の人数
・年収
・最終学歴

②仕事関連

・勤務先
・職業
・社員数
・役職
・勤務年数
・固定給/歩合制
・正・契約・派遣社員

③住まいの環境

・持ち家/賃貸
・居住年数
・家賃の価格
・住宅ローン

④借り入れについて

・他社からの借入金額
・他社からの借入件数
・借入金の希望金額
・借入金の使用目的

⒉在籍確認

勤務先に電話をして申込者が実際在籍しているか確認をとる審査です。無職でお金がどうしても必要になり、適当に勤務先を記入して借入をしようと思ってもそうはいきません。勤務先に申込者の在籍確認ができなければ、その場でアウトとなります。

最近は電話ではなく、書類だけで在籍確認ができる消費者金融も増えています(銀行系カードローンは必ず電話での在籍確認です)。

 

会社名
(サービス名)
電話在籍確認を
なしにできるか
必要書類
(どれか2つ)
アイフル できる ①給料明細1ヶ月分
②社会保険証
アコム できる ①給料明細2ヶ月分
②社会保険証
③社員証
④源泉徴収票
プロミス できる ①給料明細2ヶ月分
②社会保険証
レイク できない  
モビット 電話連絡なし ①給料明細1ヶ月分
②社会保険証、組合保険証

参考:大手五大消費者金融キャッシングを徹底的に比較しました

電話在籍確認をなしにできる2社の詳細です。

・アイフル

スマホからでも5分でラクラク申し込み!

大手で有名なアイフルは、誰もが利用しています。最大30日間金利ゼロ。

事前にご融資可能か1秒診断。今すぐお金を借りれます!はじめての方や2回目の方におススメです。

アイフル公式サイト ネット申し込みでラクラク借りれる

・アコム

初めての方は30日以内に返済すれば手数料0円。24時間365日いつでも利用可能で、ネットで契約まで完了できます。

キャッシングのアコム|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアコム

⒊信用情報

信用情報とは、申込者の過去や現時点での借り入れの利用の履歴のことをいいます。この履歴を保管している信用情報機関には全てのキャッシング利用者のデータが記録されています。他社からの借入状況、また過去において問題なく返済をしているかなどすべてのデータを見ることができますので、信用情報は信用性を判断する重要な審査となります。

④ 借入ができるか決まる!重視される質問事項

審査にはたくさんの質問事項がありますが、とりわけキャッシングにおいて重視されるのは「収入」と「年収に見合った借入額」です。

もちろんこれらの審査にこだわって嘘を記入してはいけません。大企業の社名を記入しても在籍確認ですぐに分かってしまいますし、逆に不信用を招いてしまい審査に通らなくなってしまうことがあります。

また銀行カードローンでいくら借り入れ限度がないと言っても基本的には総量規制をベースに借り入れ金額を希望することで審査もスムーズに通ることができるでしょう。大企業や公的機関の安定した仕事に就いている人は限度額が上がる傾向があります。

さっそく前記の③の表の中でも重視される典型的な質問に注目してみましょう。

①本人について

・健康保険証の種類

健康保険の種類には社会保険、組合・共済保険、国民健康保険などがありますが、加入している保険によって勤務先の規模を知ることができます。そのため勤務先や役職、社員数と同様な理由で審査基準としています。評価の高い順にランク付けしてみましょう。

  1. 共済保険・・・一番有力なのは公務員が加入している保険で最も信用度が高い
  2. 組合保険・・・大企業が加入する保険でこちらも有力
  3. 社会保険・・・一般な会社の保険(小さな会社などはないこともあります)
  4. 国民保険・・・自営業やアルバイト、パートなどが加入する保険で評価が他の保険に比べて一番低い

・年収

年収はキャッシングの審査に大切な情報となります。年収が多ければ多いほど信用が高くなるのは当然のことです。契約社員でも年収がしっかりしていれば最近は問題なくキャッシングができるところが多いです。どのくらい年収を得ているのか、雇用形態や収入形態と兼ねて審査をします。

・家族構成

一緒に住んでいる家族に親が含まれていると、いざという時親が代わりに返済をしてくれる可能性があることで信用が高くなります。

・子供の人数

子供が多くいると教育費を始めとする生活費がかかると判断されます。しかし年収と子供の数を見合わせてバランスがとれていれば審査が通りやすくなるでしょう。

②仕事関連

・勤務先

勤務先を知ることで会社の規模を知ることができます。一般的に公的機関はトップの信用度がありますが、多くの社員数をかかえている大企業も高く評価がされています。勤務先は収入の安定がある利用者を望んでいる賃金業者を確信させる大きな要素となります。

また部長からの役職などについていればさらに信用がおかれます。

・職業

職業によって得られる年収が適切であるか判断したり、安定かつ高収入のある職業であるか審査します。労働職や風俗関係、アーティストなどでは仕事が定着しないことが多いので信用度が低くなります。

・固定給か歩合給などの収入形態

固定収入があればキャッシングをする資格がありますが、さらにどのような形でお給料をもらっているか記入する必要があります。社員で固定給であれば安定した収入が得られるとみなされ有利になります。

またノルマや売り上げによるなどの成果によって収入が変動する歩合給や、契約社員、パートやアルバイトなど仕事の継続が不安定な職業では、多額を借りる時に多少不利になってしまうことがあります。しかし歩合給でも最低収入額が大きければ審査も通りやすくなるでしょう。

③住まいの環境

・持ち家/賃貸

住居はローンの支払いがない持ち家が一番有利です。定着していることと判断されるので、同時に居住年数も長くなるとみなされ安定した生活環境が整っていると信用されます。

賃貸では毎月の賃貸料が引かれますので持ち家よりも評価が下がりますので高級マンションを賃貸している場合は、それなりの収入が見合っているかが審査評価のポイントとなります。

④借り入れについて

・借入の希望金額

借り入れ希望金額は自分の年収に見合わせた範囲で記入しましょう。また消費者金融会社では総量規制があるので借り入れ金額は1/3までと制限されていますので注意しましょう。銀行カードローンでは総量規制がありませんが最初から多くのお金を借りることはほぼできないので、まずは100万円程度から申し込んでみることをおすすめします。

年収に見合った借入をすることが大事です。

・借入金の使用目的

借入をするお金の使用目的は返済できる能力があることを突き通すために妥当な内容であることが望まれます。例えば「娯楽」や「賭け事」など借入をする必要のない用途ではお金の根本的な使い方がわかっていないと思われ審査に通るのが難しくなります。

また「生活資金」や「教育費」などでも賃金業者としてお金を貸すのにとまどってしまう目的となります。教育費は生活費の一部であり、生活費が不十分である⇨教育費が払えないという解釈になりキャッシングの返済を不安にさせる内容となってしまいます。

一番いいのは「冠婚葬祭費」や「ケガの治療費」などです。電話などで聞かれたり、使用目的の入力欄があったらそのように答えておくのが無難です。

⑤ 審査に通るために改善しておきたいポイント

いろいろなキャッシング会社にトライしても審査に通らない場合はキャッシング会社を責めずに、今からでもできる改善すべき質問事項を見直して再度チャレンジすることが大切です。

また数カ所のキャッシング会社に通らなかった場合は、3ヶ月ほど申請を中断するようにしましょう。無駄にキャッシング会社から不信に思われないようにするほか、審査に通らなかったことで煮詰まっている頭を休ませる丁度よい期間にもなります。

審査を克服するためにすることは、信用を高めるポイントを押さえてただ改善するのみです。しかし審査に有力な条件に沿った生活にいきなり変更するわけにはいきません。そこでこれだけは改善しておきたい審査内容をアドバイスします。

年収とバランスのとれた借入額を希望する

キャッシングをする時には借入額を必ず聞かれます。銀行のカードローンでは借入額に規制がありませんが、それだけに年収に見合った借入額を記入することが審査に通る大切なポイントになります。どうしても審査に通りたい人は、数十万円といった少額を希望するとよいでしょう。

賃金業者も商売ですので、返済の可能性のある人ならできるだけ多額を”援助”をしてあげたいと思います。しかし歩合給の人が年収120万円で150万円の借入を1年間返済と希望すれば月々の返済が125,000円となり「オヤッ?」と思われて審査に通りずらくなってしまうのも無理がありません。

もっとも消費者金融会社では借入額は1/3までと総量規制がされていますので、過度な借入になってキャッシング会社を不安にさせることはないでしょう。そのためにも収入の少ない人や初心者は、手始めに消費者金融会社で申し込みをしたほうが審査も通りやすいでしょう。

他社からの借入があれば済ましておく

キャッシングをする時には他社からの借入額や件数を記入する審査があります。賃金業者は申込者が他社でキャッシングをしている場合、過去の借り入れも含めすべての借入データを信用情報と呼ばれる機関を通して調べることができます。また信用情報は信用情報期間の「本人開示制度」の手続きをすれば個人でも確認できます。

4件以上の借入がある場合は審査に通りずらくなるので、1件でも多く返済を済ましておくことで審査の通過の可能性が高くなります。また3ヶ月以上の延滞や過去において自己破産などの履歴がある場合は5〜10年間のキャッシング禁止期間が適用されます。

また複数のキャッシングをしている人が必ずしも審査に不利というわけではありません。過去の借り入れが問題なく返済されており、他の消費者金融会社で借入をしている合計金額が総量規制である年収の1/3に借入が満たしていなければキャッシングが可能です。

いづれにせよ複数のキャッシングを抱えている場合は、できるだけ返済が終了してから新たにキャッシングの申請をしたほうが返済の計画も立てやすく、キャッシングの審査も通りやすくなります。

返済のリスクがない安定した仕事に就く

賃金業者としてお金を見知らぬ人に貸すことは返済の能力があってこそです。つまり返済ができれば収入や複数キャッシングは二の次の条件となります。

いくら高収入の仕事に就いていてもそれだけの条件で必ず返済できる保証があるかは一概に言えません。職業が不安定だったりしては急に返済ができなくなる可能性もあります。

そのために収入の他、職業や収入形態(固定給、歩合給、時給)や雇用形態(正社員、契約社員、パート、派遣社員)など、収入を得る形態が安定していることが重要になってくるのです。収入が入ってくる形態がしっかりしていれば確実な返済が保証できることになります。

しかしそうは言ってもいきなり正社員になったり固定給になることは無理なことです。またキャッシングに備えてよりよい仕事を探そうとして結果的に失業してしまったら意味がありません。

しかしキャッシングは別として、将来的に安定した仕事に就くことは一生を保証するステップにつながります。そして長く働くことで役職や信用が得られ収入もアップすることができます。そしてキャッシングだけでなくすべてのことに有効なステイタスを得られることができます。

まとめ

キャッシングの審査に通るには、返済できる信用を賃金業社に与えることが第一です。そのためにはしっかりと自分の収入と見合わせた借り入れをして、賢く計画を立ててきちんと返済することです。

さらに安定した仕事と収入があることで信用度が高くなり、審査に通ることができるようになります。このことはいざ借入をする自分にとっても無理のない返済を保証してくれるものとなります。

キャッシングの審査に通らなかった人はもちろん、初めての人もキャッシングの知識を身につけ、改善しておける部分は解決して自信を持って審査に臨みましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お金大学が選ぶすぐ借りれて審査の速いカードローン・キャッシングまとめ

お金が必要だ!と思ってもなかなか時間って取れないもの。
ここでは

・WEBだけで完結
・審査が速い
・最短で1時間以内に借りれる

という要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。
参考にしてみてください


まとめを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント