即日融資の審査を通す9のコツ!あなたも今スグ10万円のお金を借入できるカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カードローンの利用に関して、「最短即日融資と宣伝しているのに、借入できるまでに数日かかった…」といったケースは多く見られます。これはローン会社の誇大広告というわけではなく、借入する側が申請をしっかりと行うことで、即日融資が可能になります。それでは「しっかりとした申請」を行うには、一体どのような手順を踏めば良いのでしょうか?
今回は、即日融資の審査を通す9のコツをご紹介します。あなたもコツを知ることで、10万円程度のお金ならば今スグ借入できるかもしれません。

 

本記事と合わせて読みたいオススメ記事

・ 【最新2019完全版】今すぐお金を稼ぐ39の方法!あなたもカンタン確実に10万円稼げる&短期ネット副業でお金儲けができる

・ 【最新2019完全版】今すぐお金を作る39の方法!あなたも今日中に1万円100万円手に入れる裏ワザまとめ。お金がないピンチも大丈夫!

・ 【最新2019完全版】今すぐお金を増やす!初心者のあなたも5年で1,000万円貯まる資産運用&資金運用39の方法!

■【コツその1】必要書類を準備しておく

即日融資を受けるためには、審査前に準備をしておくことが大切です。カードローンに必要な書類とは、「本人確認用の書類」と「収入証明用の書類」の準備です。本人確認用書類には、運転免許証や健康保険証のコピーが該当します。収入証明用の書類は、給与明細書や源泉徴収票などです。

本人確認用の種類に関しては、すぐに準備ができるでしょう。しかし、収入証明用の書類は手元に用意するまでに時間がかかります。せっかく即日融資が受けられる段階にも関わらず、書類不足により数日かかってしまった、なんてことにならないように気を付けてください。
また、借入金額やローン会社によって必要書類が異なります。10万円程度ならば身分証明書だけで即日融資を受けられることもあります。しかし、「専業主婦やアルバイトの方」「過去に借入経験がある方」「現在も他社で借入をしている方」では、金額に関わらず収入証明用の書類が求められるかもしれません。これらに該当しない方でも、来店契約の際に収入証明用の書類が求められる場合があるため、事前に利用するローン会社へ確認しましょう。

 

■【コツその2】電話とインターネットの併用

ローン会社にもよりますが、カードローンの申し込みには「電話」と「インターネット」があります。即日融資の審査をできる限り早く済ませるためには、両方用いることが大切です。さらに言うと、インターネットで申し込み情報を送った後に、こちらから電話で確認しましょう。

なぜならば、ローン会社はインターネットの申し込み情報を確認してから、申請者へ電話をかけるためです。この電話をかけるタイミングが人それぞれであり、申請者が多いと即日融資を受けることが難しくなります。

電話申し込みだけでも構いませんが、口頭で申し込みに必要な情報を逐一伝えていかなければなりません。インターネットで申し込み情報を記入したほうが迅速に処理が行われるでしょう。

 

■【コツその3】自動契約機とインターネットの併用

即日融資の審査が通れば、お金を借入できるだけではなく、ローン会社からカードも発行されます。注意しなければいけないのが、即日融資の申請方法によって「カードを受け取るタイミング」が異なる点です。

インターネットから即日融資を申し込んだ場合、登録した指定口座へすぐに借入金が振り込まれます。しかし、ローン会社から発行されるカードは郵送で送られ、カード到着までに数日かかります。

カードもすぐに手に入れたいときには、「自動契約機で申し込む方法」を利用しましょう。自動契約機で申し込めば、その場ですぐにカードが発行されます。そのため、インターネットで即日融資を申し込んだ後に、カード作成目的で自動契約機を利用する方が多いです。

また、自動契約機ではネット環境がなくても迅速に審査を受けることができます。カード発行後にお金を引き出せるため、何度も手続きを行うのが面倒な方は自動契約機だけを利用してみてください。ただし、自動契約機だけの申し込みでは手続きに約1時間かかります。時間に余裕を持って申請することが望ましいでしょう。

賢くスマートに即日融資を受けるのであれば、インターネットからの申請後に自動契約機で申し込みましょう。また、電話確認してから自動契約機に足を運べば、より確実に即日融資が受けられます。

 

■【コツその4】消費者金融を利用する

即日融資を受けるならば、銀行よりも消費者金融のほうが確実です。銀行でも「最短即日融資」と書かれていますが、実際には数日かかるケースも多いためです。また、銀行では土日に審査を受け付けていないため、申請するタイミングも考えなければなりません。さらに銀行のカードローンでは、担保保証人が求められるケースがあります。

一方、消費者金融では金額にもよりますが、即日で借入しやすいのが特徴です。また、大手の消費者金融であれば銀行グループと提携していることが多く、安全に利用できます。さらに消費者金融の多くは、即日融資で担保・保証人不要です。

消費者金融のほうが金利が高く付いてしまう恐れがありますが、審査が甘いので即日融資向きです。また、「30日以内の返済ならば金利が無料になる」といったサービスがあるのも消費者金融の特徴といえます。

ちなみに即日融資を受けられる銀行系ローン会社は、「三井住友銀行カードローン」「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」が挙げられます。一方、即日融資が受けられる消費者金融は「アコム」「アイフル」「プロミス」などがあります。以下にオススメをご紹介します。

 

アコム

はじめての方は30日間金利0
最短30分で審査回答!来店不要!
20
時までの申込みで即日融資可能!

アコム  >>カンタン10分でお申し込みはこちら

アイフル

当サイト一押し!最短30分で審査完了!
申込みまでたったの4ステップ
初めての方なら最大30日間無利息

アイフル >>カンタン10分でお申し込みはこちら

プロミス

ネットで簡単!最短即日融資OK
Web
契約で最短1時間融資も可能
申し込み、借入、返済24時間OK

プロミス  >>カンタン10分でお申し込みはこちら

みずほ銀行カードローン

ご利用限度額200万円以下収入証明不要
ご利用限度額最大1,000万円!
即日審査可能!24時間受付中!

みずほ銀行カードローン >>カンタン10分でお申し込みはこちら

モビット

0秒簡易審査、簡単WEB完結
24
時間ネット申し込み可能!
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
年会費・入会金無料!

モビット >>カンタン10分でお申し込みはこちら

■【コツその5】新規成約率で選ぶ

新規成約率とは、「カードローンを申し込んだ人うちに、審査に何人通過したか?」というデータです。消費者金融ならば、この新規成約率が公表されています。ローン会社によって「新規契約率」や「審査通過率」といった言葉が使われますが、同じ意味です。

消費者金融の中には、銀行と同じぐらい審査が厳しい所も存在します。反対に、新規成約率を公表しているアコムやプロミスは、審査の通りやすさをアピールしている消費者金融です。条件によって金利が高くなることもありますが、新規成約率を公表しているローン会社ならば、即日融資で借入しやすいといえるでしょう。

現在では新規成約率が40%を超えているローン会社であれば、審査が通りやすいとされています。「アコム」「アイフル」「プロミス」ではホームページのIR情報に新規成約率が記載されており、3社とも比較的高い新規成約率となっています。

アコム

はじめての方は30日間金利0
最短30分で審査回答!来店不要!
20
時までの申込みで即日融資可能!

アコム  >>カンタン10分でお申し込みはこちら

アイフル

当サイト一押し!最短30分で審査完了!
申込みまでたったの4ステップ
初めての方なら最大30日間無利息

アイフル >>カンタン10分でお申し込みはこちら

プロミス

ネットで簡単!最短即日融資OK
Web
契約で最短1時間融資も可能
申し込み、借入、返済24時間OK

プロミス  >>カンタン10分でお申し込みはこちら

 

■【コツその6】限度額を低めに設定する

希望する限度額が低ければ低いほど、カードローンでは審査が通りやすくなります。また、規定の限度額以下ならば、収入証明書が不要になるケースもあります。ローン会社によって数百万円まで借入可能ですが、限度額が上がるほど即日融資が厳しくなり、日数もかかるでしょう。

ちなみに限度額には、「融資限度額」と「借入限度額」があります。融資限度額とは、ローン会社が定めている融資金額であり、どんなに安定した収入の方でも融資限度額以上のお金を借入することはできません。一方、借入限度額とは「申請者に融資できる金額の上限」です。申請者が希望する借入限度額によって、審査基準や所要日数が異なります。過去のローン返済履歴や現在の経済状況に応じて、申請できる借入限度額も変わります。初めて即日融資のカードローンを申し込む方は、借入限度額10万円までを目安に申請しましょう。

また、借入限度額は「申請者の年収の1/3を超える融資をしてはいけない」と法律で決まっています。これを「総量規制」と呼び、年収300万円の方は融資金額100万円までしか借りられません。必要としている融資額を借入できるかどうか、総量規制の観点から考えることも大切です。
注意点としては、総量規制の対象となるのは「消費者金融」「信販会社」「クレジット会社」です。総量規制の対象外では、「銀行系カードローン」が該当します。即日融資の審査を通すためには、消費者金融系で借入融資額を少なく申請することが望ましいです。しかし、ある程度まとまったお金を即日融資で借りたいのであれば、銀行系のカードローンも視野に入れましょう。

 

■【コツその7】お試し審査を利用する

お試し審査」というサービスをご存じですか?お試し審査では、いくつかの項目を記入するだけで、融資を受けられるかがすぐに分かります。さらに、「お試し審査で入力した情報を基に、フリーダイヤルから即日融資を申し込める」といったサービスもあります。この一連の流れにより、電話とインターネットの両方から申請できるためとても便利です。

お試し審査は、銀行系と消費者金融系の両方のローン会社で受けることができます。ローン会社の公式ホームページからすぐにチェックできるため、一度利用してみてはいかがでしょうか。

最近では特に、ローン会社独自のガイダンスに従うだけで、即日融資が受けられるケースが増えています。お試し審査経由で申し込みを済ませた後に、最寄りの自動契約機に行ってカードを作成してみるのも良いでしょう。

 

■【コツその8】項目は正確に記入する

カードローンの申し込みでは、コンピューターによる「スコアリング」が行われます。スコアリングとは、年収や勤続年数、居住形態などを点数で分類する方法です。ローンの審査が通るかどうかは、スコアリングの合格点以上を満たしているかがポイントとなります。

スコアリング審査で注意しなければいけないのが、「記入欄に空白があると、コンピューターはその項目を0点とカウントする」ということです。また、記入ミスでも0点とカウントされるため、申し込み内容を記入する際には十分気を付けてください。

さらに、スコアリングでは必須項目以外の記入事項に関しても評価されます。自由記入欄を空白にして申請すると、コンピューターがその箇所を0点と判断します。スコアリングは加算方式のため、自由記入欄をできるだけ埋めるようにしましょう。

 

■【コツその9】安定した経済状況で申し込む

即日融資の審査であっても、通常のカードローン審査と同様にステータスが評価されます。年収200万円未満、雇用期間が3ヶ月未満、派遣社員やフリーターなどの場合、安定した収入と判断されにくいです。今スグにお金を借入したい方でも、「もう少し期間を空けてから申請すれば、即日融資の審査が通りやすくなる」といった方法を覚えておきましょう。

また、「既に他社からいくつも借入している方」「過去にクレジットカード支払の遅延情報がある方」も注意してください。たとえスコアリングの点数が高くても、過去の借入状況で審査に落とされてしまうことがあります。

ちなみに、数日程度の支払延滞であれば約1年間、それ以上の支払延滞に関しては約5年間データが残るといわれています。どのデータがどれだけ残っているのかは、申請してみないと分かりません。しかし、期間をずらすことで即日融資が受かりやすくなる可能性があるため、こちらも覚えておきましょう。

 

■まとめ

いかがでしたか?

事前に身分証明や収入証明の書類を用意するだけではなく、複数の申し込み方法を駆使することで、即日融資が受けられる可能性がグンと上がります。また、銀行よりも消費者金融を利用するとスピーディーに借入ができます。どうしてもすぐにお金が必要な場合でも、「急がば回れ」です。

入念な準備をして、スマートに申請しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント