カフェ開業100%成功ガイド!失敗しないカフェ経営7つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: akira yamada

カフェの開業は、ほかの飲食店に比べると初期費用を抑えやすく必要な特殊スキルも少ない傾向にあります。しかし、その一方でカフェは単価が低く、回転率も高いとは言えないので、経営を安定させることは簡単ではありません。「誰でも気軽に始められるから」といった安易な気持ちで開業をすると、大きな失敗につながってしまうでしょう。

カフェの開業で失敗しないためには、経営で重要になるポイントや、開業前に必要となる準備についてしっかりと理解しておくことが大切です。そこで今回は、経営や準備に関するカフェ経営の7つの秘訣をご紹介していきましょう。

■【その1】必要な知識を身につける

カフェを経営する場合にも、必要な知識はいくつかあります。代表的な知識としては、「経営学」が挙げられるでしょう。経営学が身についていないと、適切な価格や人件費、原価などを設定することが難しくなるので、経営のリスクが高まってしまいます

また、「経理」や「簿記」に関する知識も、経営者には必須と言えます。経理や簿記をほかの従業員に任せる方法も考えられますが、そうなると人件費がかさんでしまうので、その分経営が圧迫されます。コストを抑えつつ安定した経営を目指したい方は、自身が知識やスキルを身につけて人件費を節約することを考えましょう。

そして、何よりも重要になるのが「集客力」に関する知識です。お店のどのような部分が集客につながるのかを理解していなければ、効果的な経営戦略を立てることは難しいでしょう。流行や競合店についてしっかりと分析し、宣伝を含めた経営戦略を慎重に立てるべきです。

 

■【その2】目的や目標を設定する

経営を安定させるには、目的や目標を設定することも大切なポイントです。目的や目標を決めると、「どのようなカフェを目指すべきなのか」が明確になり、その部分がカフェの個性や魅力につながるためです。

「ただ何となく」のような意識では、自身や従業員のモチベーションも高まらないでしょう。従業員と一致団結し、全体で良いお店を目指すためにも、目的や目標はしっかりと決めておきましょう。

一般的なカフェでは、主に以下のような目的・目標が設定されています。

 

・長時間くつろげるなど、お客にとって特別な空間を作りたい

・将来的に、自分の趣味をさらに反映したお店にしたい

・これまでにはない、特別感のあるカフェを作りたい

 

上記を参考にしながら、自分なりの目的・目標を考えてみましょう。

また、売上など具体的な数字を目標に設定する方法も効果的です。達成感を味わいやすい目標ですし、数字にすることで「何を目指すのか」がはっきりとします。ただし、達成することが困難な数字を設定すると、逆に自分や従業員のモチベーションが下がってしまう恐れがあるので、規模や単価、回転率などに適した目標を設定するように意識しましょう。

 

■【その3】常に情報収集をする

カフェの経営を安定させるには、継続的な情報収集が欠かせません。カフェは流行の影響を受けやすい事業なので、定期的にその時の流行を確認する必要があるでしょう。

流行を確認したら、ターゲットとなる客層が足を運ぶように、お店の雰囲気やメニューなどに流行を反映させることが大切です。ただし、流行を反映しすぎるとお店のコンセプトが薄れてしまうので、その点には注意しておきましょう。

もちろん、競合店の情報も収集しておくべきです。競合店がどのような部分に力を入れており、どの部分が集客につながっているのかを分析することで、利益率を高める経営方法が少しずつ見えてくるはずです。

情報収集においては、雑誌や新聞、セミナーなどが役立ちます。特に近年では、さまざまな場所でカフェに関するセミナーが開催されているので、積極的に参加を検討してみましょう。

 

■【その4】開業前にコンセプトを明確にしておく

お客に対してカフェの特別感を演出するためには、「コンセプト」が欠かせません。ただ流行を取り入れただけでは、他店と差別化をすることが難しく、お客の印象に残りにくくなってしまうためです。

コンセプトは経営戦略に大きな影響を与える要素であり、コンセプトを決めることでお店の理想像がはっきりとします。そのため、具体的な経営戦略を決める前に、まずはコンセプトを設定しておきましょう。

一般的なカフェでは、例えば以下のようなコンセプトが見られます。

 

・くつろげる空間やアットホーム感など、お客にとって魅力となる要素

・メニューの多さや価格など、商品に関する魅力的な要素

・丁寧な接客など、従業員に関する特徴的な要素

 

ユニークなコンセプトを設定することは大切ですが、需要につながらないコンセプトでは意味がありません。さまざまなカフェに目を通し、独自性と需要を兼ね備えたコンセプトを考えてみましょう。

 

■【その5】常連客を作るように意識する

経営を安定させるには、リピーターを増やす必要があります。特に、地方にカフェを開業する際には、どうしても新規客の数が限られてしまうので、リピーターを増やさない限りは売上につながりません。

常連客を作るには、お店の特別感を演出することが大切です。「このカフェは自分にとって特別なお店」と思わせることができれば、自然と常連客も増えてくるでしょう。

具体的な方法としては、例えばお客と積極的に会話をする、特定の客層を狙ったコンセプトにするなどの方法が挙げられます。ターゲットとなる客層が、カフェに対して何を求めているのかを分析し、それを実現できるカフェを目指していきましょう。

 

■【その6】現金は常に用意しておく

ほかの事業と比べると、カフェはそこまで経費がかかるビジネスではありません。しかし、急な仕入れやトラブルの対応など、それでも現金は必要になります。

どのような事態になっても困らないように、現金は常に用意しておきましょう。手持ちの資金が少ない場合は、金融機関からの融資など資金の調達方法を確保しておくことが大切です。

資金の調達方法に関しては、金額だけでなく調達までの「スピード」にも目を向けなければなりません。例えば、融資までに数ヶ月かかる方法で資金を調達すると、融資実行までの間にカフェの経営が困難になってしまう恐れがあります。

また、資金調達の「タイミング」にも注意しておきましょう。すでに資金が不足している状態では、金融機関から「返済能力が低い」と判断されてしまう恐れがあります。したがって、資金の不足を感じた段階で、すぐに資金の調達に取り掛かる必要があるでしょう。

どのような事業でも、運転資金が不足すれば営業をすることができません。必要な金額はカフェの規模によって異なりますが、短くても数ヶ月間は営業できるように、現金や資金の調達方法を前もって準備しておくようにしましょう。

 

■【その7】従業員全体の健康管理を徹底する

お店の経営を支えるのは、経営者だけではありません。全ての従業員が問題なく仕事を続けることが、安定した経営へとつながります。そのため、従業員の健康管理は徹底するようにしましょう。

特に開業時は、思わぬトラブルで仕事の負担が増大することもあるので注意が必要です。経営者の目が行き届いていないところで、従業員が思った以上に無理をしているかもしれません。たとえお店が忙しくても、十分な睡眠時間休息時間は確保し、全員が健康的な状態で仕事にあたれる環境を作り出しましょう。

もちろん、経営者自身の健康状態も重要なので、自分が無理をし過ぎないことも重要です。

 

■カフェ開業に潜むリスクも理解しておこう

どのような事業にもリスクは存在しており、カフェ経営にも同じことが言えます。経営を安定させるには、カフェに潜んでいる経営リスクを明確にした上で、しっかりとリスク対策を施す必要があるでしょう。

では、カフェの経営においては、具体的にどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

 

〇在庫の売れ残り

食材には賞味期限があるので、注文されなかった在庫に関しては廃棄処分をすることになります。食材は仕入れだけでなく、処分にもコストがかかる可能性があるので、カフェの仕入れは慎重に行わなくてはなりません。

この売れ残りのリスクを抑えるには、開業前に集客数に関する予測をしっかりと立てて、仕入れの量を調整する必要があるでしょう。また、同じ食材を複数のメニューに使えるように、メニューの構成を検討することも重要なポイントです。

〇お店の維持コスト

カフェを経営するためには、店舗を維持するためのコストもかかります。特に賃貸物件では毎月家賃を支払う必要がありますし、管理費やメンテナンス費などもかかってきます。

したがって、客数に対して店舗が大きすぎると、その分経営リスクは拡大します。カフェは維持するだけでもコストが発生するので、席数や回転率などを予測した上で、慎重に物件を選ぶようにしましょう。

〇競合店との争い

どのような地域にお店を構えても、ほとんどのカフェは競合店と争っています。現時点で競合店のない地域を選んでも、将来的に競合店が増える可能性は十分に考えられるでしょう。そうなった場合、競合店にお客を取られてしまうと、経営を安定させることは難しくなります。

そのため、カフェ経営では競合店が現れても問題がないように、「個性」を重視することがポイントになります。魅力的な部分は真似をすることも大切ですが、競合店としっかりと差別化できるように、独自性のある経営戦略を立てるようにしましょう。

 

■まとめ

今回はカフェ経営の秘訣をご紹介してきました。

現代では、脱サラをしてカフェ経営に挑戦する方も多く見られますが、そんなカフェ経営にもリスクはいくつか見られます。経営を安定させるには、経営リスクをしっかりと把握した上で、入念にリスク対策を施す必要があるでしょう。

今回ご紹介した情報を参考に、前もってしっかりと開業準備を進めておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント