君たちやっぱりプロミスだ!消費者金融プロミスのすべて

大手消費者金融のプロミスについて審査、金利、返済、在籍確認など徹底的に解説し、比較しています。

プロミスの申込→審査→契約→借入の流れを徹底解説します

      2015/07/06

puromise2

プロミスの審査の流れについて解説していきます。

プロミスは三井住友銀行グループですので、大手ならではの手際の良さなどが特徴の一つです。

スポンサーリンク

ひと目で分かるプロミスの申込から借入までの流れ

788591960_239

この図のようになっています。ひとつひとつ解説していきます。

まずは申込をする

まずプロミスの公式サイト( http://cyber.promise.co.jp/spmain/ )から申込をします。

申込の時に身分証明書(運転免許証や保険証など)が必要です。

もし51万円以上借りたい場合、51万円以上の最大限度額にしたい場合は、収入証明書(源泉徴収票か給料明細の2ヶ月分)も必要ですので事前に用意しておきましょう

50万までで大丈夫なら、契約した後に増額もできるので、お急ぎの方は50万円までで申込をしたほうが無難です。

申込自体はとてもカンタンで5分で終わります。

また在籍確認を電話ではなく書面で行いたい場合、2ヶ月分の給料明細か、会社発行の社会保険証のどちらかが必要ですので用意しておきましょう。

申込の時に大事なことは嘘をかかないこと

自分の年収を多めに入力してしまったり、アルバイトなのに正社員と入力してしまったり、他社の借入を少なく書いてしまったりということをすると審査に落ちやすくなってしまいます

すべて情報は信用情報機関というところで、あなたの情報が共有されていますので嘘は必ずバレます。

プロミスは年収150万円でも、アルバイトでも、他社で借り入れがあっても借りることができるので安心してください(もちろんですが無職はNG。主婦、学生はOKです。)。

WEB契約だと振込キャッシングで今日中に借りれる

↓スマートフォンでの申込画面
788591960_239

↓パソコンからの申込画面
788591960_239

WEB契約の場合で今日中に借りたい場合は、振込キャッシングとなります。

三井住友銀行の口座か、ジャパンネット銀行の口座をもっていれば、24時間いつでも振り込んでもらえて借りれますが、どちらの口座も持っていない場合は、平日なら14時50分までの振込キャッシングの申込で当日中。そして、土日は月曜日の朝の着金になってしまうので注意が必要です。

なおWEB契約の場合、契約書類とカードはご自宅に簡易書留郵便(転送不要)にて郵送します。差出人名は「事務センター」となりますが、もし家族や同居人などに絶対バレたくない場合は次に説明する来店契約がおすすめです。

来店契約は三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座をもっていなくても土日でも、15時以降でも今日中に借りれる方法です。

三井住友銀行やプロミスが近くにあるなら郵送が全くない来店契約がおすすめ

↓スマートフォンでの申込画面
788591960_239

↓パソコンでの申込画面
788591960_239

来店契約だと家に全く郵送物がきません。そのため、家族の方にバレたくない時は来店契約がおすすめです。

スマートフォンやパソコンから申込をして審査まで完了した後、契約を三井住友銀行やプロミスのローン契約機で契約をして、キャッシング用のカードを受け取ります。

土日祝日も平日も朝9時から21時まで受付しているので、来店契約は夕方でも土日でもすぐに借りれます。

カードを受け取ったら全国のATMでいつでもどこでも借りることができます。

プロミスが審査をする

申込が完了したらプロミスが審査をします。

プロミスの審査は、年収や雇用形態(正社員か契約社員かアルバイトかなど)、勤続年数、家族構成、年齢、勤め先の規模などなど様々な要素を点数化して、審査を通すか、最大で借りれる金額(限度額)をいくらにするかを決定します。

審査は自分ではどうにもならないので、申込をしたら気長に待ちましょう。

プロミスから審査結果の連絡がくる

審査が通ったら電話で、審査が通らなかったらメールで審査結果の連絡がきます 。

プロミスが在籍確認を行う

在籍確認とは本当にこの人がこの会社にいるのかどうか?ということを確認することです。

在籍確認は、①社会保険証か給料明細2ヶ月分などの確認(スマートフォンの写メなどで送れます)②職場への電話(個人名でかけるのでプロミスとは名乗りません)のどちらかの方法で行われます。

WEB契約の場合や来店契約の場合は基本的に①で行いますが、時々②になることもあります。しかし、②になった場合でも個人名で電話をかけてくれますし、不在の場合でも以下のようなやりとりがあれば在籍確認OKになります。

  あなたの会社の事務「お電話ありがとうございます。株式会社○○です。」

  プロミス「お世話になっています。私、○○さんの友人の鈴木ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」

  あなたの会社の事務「申し訳ありません。○○はただいま外出中でして、戻り次第ご連絡を差し上げます。簡単にご用件を伺ってもよろしいでしょうか?」

  プロミス「いやぁすみません。そこまで大事なようではないのでまたこちらからかけ直します。」

このような形です。外出中でも在籍確認の電話を気にする必要はありません。

振込キャッシングもしくはカード発行でATMでキャッシング

これでお金をいつでもお金を借りれる状態になりました。

Web契約にした場合は、振込キャッシングを申し込むことで銀行口座にすぐに振り込んでもらますし、カードが手元にあるなら全国のATMでお金を借りることができるようになります。

返済について

プロミスは全国のATMで返済もできます。コンビニのATMでも返済ができるので、返し忘れることもありません。

もちろん、銀行振込でも返すことができますし、インターネットバンキングだと振込の手数料もかかることがなく返すことができます。

まとめ

プロミスの申込から借入、返済までの流れは以上です。

なにかしらあなたに役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

 - プロミス