アフィリエイト副業で収入を得る仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
By: LG전자

 副業でお金を稼ぎたいと思っている方は、年々多くなっています。

中でもアフィリエイトは、1999年に日本のマーケティング業界に登場してから、HP、ブログ、SNSなどその時代に合わせ、現在も行われている人気の高い副業です。

 

アフィリエイトで稼ぎたいと思ったとき、やることは簡単です。

準備する→サイトを更新する→アフィリエイトを広告を貼る

これを繰り返すだけです。

 

ですが、アフィリエイトで稼ぎたいと考えた時、あなたがしなければならない行動が1つあります。

 

それは途中で投げ出す習慣を断つことです。

 

アフィリエイトは、すぐに稼げるようになる副業ではありません。

なので、楽に稼ぎたい、一日の作業時間が5分で稼げる、という考え方をしているといつまでも稼げるようにはなりません。

 

アフィリエイトの性質には、見えない営業マンに勧められている、という不信感があります。この不信感が抜けない限り、ユーザーがあなたの広告をクリックすることはほとんどないと言えます。

 

つまり、

地道な作業が嫌い

結果が出るのが遅いのは、苦手

長期よりも短期でお金を稼げればいい

 

と考えている方には、向いていない副業です。なので、この先は読まずに、おすすめ副業6選の中で結果が出るものが早い副業を選んでください。

 

逆に、

コツコツ努力することが好き

結果よりもプロセスにこだわる

長期的に副業としてお金を稼いでいきたい

と考えている努力家思考の方は、成功する副業です。

 

では、実際にどのようにアフィリエイトを始めていき、運営し、収入にするかご紹介しましょう。

アフィリエイトを始める準備

By: Johan


最低限必要なもの

アフィリエイトを始めるために最低限必要なものをお伝えします。

 

パソコン、スマートフォン

銀行口座

独自ドメイン

レンタルサーバー

 

アフィリエイトで必ず必要なものは、パソコンまたはスマートフォンと銀行口座です。パソコンやスマートフォンが必要な理由は、分かりますよね。

まず、銀行口座が必要な理由を教えます。

 

銀行口座は、アフィリエイト広告を提供しているサイトに登録する際に必要になります。せっかくアフェリエイトを始めてクリックや購買に繋げることが出来ても、銀行口座が登録されていないとお金が振り込まれません。すでに持っている銀行口座でもいいですし、新しく口座開設して副業用にしてもいいです。

私は、確定申告の際に手間が省けるので、副業用の口座を作り管理することをおすすめします。

 

独自ドメインとレンタルサーバーは、使うメディアによって必要か決まります。

ですが、アフィリエイトを長期で行っていく場合やメディアの拡大をするときに必要になります。なので、はじめから準備しておいてもいいでしょう。

 

ドメインとは、インターネットの住所をわかりやすくしたものです。インターネット上にあるコンピューターを特定するために使われています。ドメインの登録は、独自ドメイン取得業者に登録することで得ることができます。

独自ドメイン取得業者

お名前.com 

ムームードメイン

スタードメイン

 

 

続いてサーバーについて説明します。

サーバーは、ネットワークで繋がっているコンピューター上でサーバーが持っているサービスやデータを他のコンピューターに提供する役割を持っています。新しくホームページを作るときや、アフィリエイト広告のリンクを作った際に自分以外のコンピューターからも見られるようにする役割のことです。

 

レンタルサーバー事業者

ロリポップ

ヘムテル

エックスサーバー

無料のものから月額1500円のものまであります。それぞれ無料お試し期間が付いているので、まず試してみましょう。

 

あると便利なもの!

あると便利なものは、フリーメールのアドレスです。

アフィリエイトサイトに登録すると、一日に多くの広告主情報がメールで届きます。プライベートと副業、本業が混ざることを防ぐために、フリーメールのアドレスを作るといいでしょう。

おすすめのフリーメールのアカウントは、YAHOO!メール、Gmail、outlook.comです。

 

最適なメディアは何か

アフィリエイトを始める準備ができたら、どのメディアで情報を発信するかを考えていきます。

そもそもメディアって何?

メディアとは、情報を発信する媒体です。つまり、TVやラジオ、インターネット、チラシ、ダイレクトメール、SNSなどのことです。

 

なぜメディアが重要なのか。

それは、マーケティング成功させるためには、メディア(Media)・メッセージ(Message)・マーケット(Market)を合わせなければいけないからです。

 

素人向けパソコン教室の集客をする場合を例に挙げ、メディアの重要性を伝えていきます。

まず、マーケットで、素人向けというターゲットをインターネットの全く使えないお年寄り60歳以上と決めたとします。

次に60歳以上のお年寄り向けにわかりやすく響きやすいメッセージを書きました。

最後にメディア選びで、Twitterを選び、メッセージを流します。

 

素人向けパソコン教室のマーケットは、60歳以上のお年寄りで正確でした。

メッセージもお年寄り向けにわかりやすいものを書いています。

しかし、メディアにTwitterを選ぶとどうでしょう。お年寄りTwitter見ません。なので、せっかく集客や情報発信をしようとしても、メディアを間違うと相手に届きません

 

つまり、どのような情報を発信して(メッセージ)、誰に見てもらいたいのか(マーケット)を決め、最後にどのメディアを使うか選びます。この順序で行うことにより、例で挙げたような、ミスマッチが起こりづらくなります。

 

ホームページ、ブログ、Twitter、Facebookを比較

ホームページ、ブログ、Twitter、Facebookは現在行われているアフィリエイトで主要なメディアです。これらを使う年齢層、使いやすさ、運用の難しさ、費用の4点で比較していきます。

 

ホームページ

見ている年齢層

20歳〜50歳の男女 調べ物・気になる話題の検索

使いやすさ

自主作成のホームページは使いにくいことが多い。

WordPressは、比較的使いやすい。

運用の難しさ

アフェリエイトの投稿に関して、制限がかかる可能性がある。連続して投稿しないなどの注意が必要。

費用

無料ではできない。ドメインとレンタルサーバーが必要。

 

ブログ

見ている年齢層

20歳〜40歳の男女。女性が多い。話題や流行、日記を見ることを目的にしている人が多い。

使いやすさ

大手ブログサイトは使いやすく、シンプルなものが多い。

運用の難しさ

アフィリエイトの投稿に関する制限は、低い。クリックや購入に至るまでに時間が掛かる。

費用

無料でできるものが多い。

 

Twitter

見ている年齢層

10代〜30代前半の男女。若い年齢層に集中的。

使いやすさ

使いやすい。文字数の制限があるが、投稿易い。

運用の難しさ

フォローが集まると比較的簡単。アフィリエイトの制限など特に無い。

費用

バナー広告を出さなければ、ない。

 

Facebook

見ている年齢層

20歳〜60歳未満の男女。年齢層が幅広く、Twitterより年齢層が高い。ビジネスマンや企業がFacebookページを作っている。

使いやすさ

投稿することは問題ないが、細かい機能が多く慣れるのに時間がかかる。アクセス数や投稿の伸び率をグラフで見ることができる。

運用の難しさ

少し難しい。アフィリエイト広告が反映されないこともある為、対策がいる場合もある。予約投稿の機能が付いているので書き溜めることができる。

費用

基本無料。広告を出すとお金がかかる。アフェリエイト広告を出すときに、対策としてレンタルサーバーと独自ドメインが必要になる場合がある。

 

この4つのメディアの中で、あなたが日々投稿したい内容が見ている年齢層に合うメディアを選んでください。

 

メディア運営の仕組み

アフィリエイトで稼ぐためには、自分が使うホームページやブログ、Twitter、Facebookのアクセス数を伸ばすことが稼ぐきっかけになり、副業としてアフィリエイトを成功させる近道になります。

 

アクセス数を伸ばすために意識すべきことは、更新回数、更新時間です。

そして、アフィリエイトで稼ごうと思った時、意識することは、閲覧者の信頼を勝ち取ることです。

 

まずは、アクセス数を伸ばすために意識する更新回数、更新時間、について解説します。

アクセス数を伸ばす

更新回数とは、1日あたりの更新回数です。更新回数は、一人当たりの訪問回数に直結します。1日に何度も更新することで、一人当たりの訪問回数を増やし

アクセス数を伸ばしましょう。

 

では、1日何回更新するのが、ベストか教えます。

最適な回数は、1日4回です。

 

なぜ4回かというのは、更新時間と繋がっています。

 

アフィリエイトの副業稼ぐ場合、誰かに見てもらうことが必要になります。

そのため記事の更新もユーザーが見やすい、スマートフォンやパソコンを見る時間帯に更新することが、アクセスを稼ぐポイントになります。

 

ユーザーのアクセスが最も集中する時間は、以下です。

9:00・12:00・18:00・21:00

 

9:00は、会社員の通勤時間や朝の情報集め。主婦が子供を送り、自由な時間ができる時間。学生が通学し、退屈な授業が始まる時間帯。

12:00は、休憩です。最近では、ご飯を食べながらインターネットと繋がっていることや、グルメ情報をインターネットから集めるので、アクセスが集まります。

18:00は、帰宅の時間です。帰りの電車でネットサーフィンや、今日の情報集めをする時間帯。

21:00は、1日の中で一番リラックスしている時間帯。酔っ払いっていたり、お風呂上がりなど、リラックス状態でネットを見ています。

 

もちろん、この時間以外で投稿してもいいと思います。

 

しかし、私の経験上、1日に4回以上更新することは難しいです。

ネタ不足。書かなきゃというストレス。

こういった負担が出てきます。なので、書く量は、アクセスが集まりやすい時間帯の4回にするといいでしょう。

 

書く内容

書く内容は、アクセスを稼ぐこと、自分の負担を減らすこと、アフィリエイトで稼ぐことの3つの点で重要です。

 

書く内容は、常に自分のこと、話題の内容について自分の意見を書きましょう。

 

そうです。あなたのことを書くことが重要になります。

 

これは、自己開示という心理テクニックです。

人間は、知らない相手を基本的に信用しません。

しかし、相手のことを少しでも知っていると、好感を持ち意識するようになります。そして、相手のことを知れば知るほど、会ったことがなくても、信用するようになり、気づいたときには、完全に信用しています。

 

会ったこともないSNSの知り合いに、親近感を持つのは、この自己開示が影響しています。

 

アフィリエイトで稼ぐためには、ユーザーから信用される必要があります。なのでどんどん自己開示をしましょう。

 

初めの一歩として、実名、顔写真を公開しましょう。

 

あなたが、ユーザーだと考えてください。

名前も顔もわからない相手の言っていることを信じることができますか?

インターネットは、特に嘘と詐欺、真実が混在しています。その中で、相手の信用を得るために、顔と名前は公開して相手から信用される一歩にしましょう。

 

アフィリエイト広告を載せて収入を得る。

メディアを決めたら、アフィリエイトを開始しましょう。

アフィリエイトを始めるには、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)に登録し、広告主を探します。

 

アフィリエイト初心者におすすめなASPの特徴は、2つつです。

広告の種類が多く、選びやすい。

会員数が多く、安全で、実績がある。

 

この2つをポイントに主要なASP比較を比較しました。

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)比較

アフェリエイトB

A8.net

特徴

・  広告主の幅が広い

・  支払いは1ヶ月後

・  サイトの仕組みが、シンプルでわかりやすい

特徴

・  会員数業界No.1

・  広告主が法人から個人まで、幅広い

・  支払いは2ヶ月後

 

2社の大きな違いは、支払い部分です。

アフィリエイトBの方が、A8.netより1ヶ月早いので、少しでも早く収入が欲しいというあなたには、おすすめです。

A8.netは、会員数がNo.1であることや、広告主に大手法人企業があるので、安心してアフィリエイトをやりたいというあなたにおすすめです。

 

まとめ

アフェリエイトを始める流れは、シンプルです。

準備→メディアを決める→ASPに登録する→更新する

たったこれだけです。

もし、途中で迷ったら、どれでもいいです。思い切って始めましょう。

アフィリエイトは、行動しないと収入にはなりませんからね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント