お金借りたい?カードローンと友達からお金を借りるメリット・デメリット比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
3909356879_74041da7e5_o

急な出費が続いてしまい、使うことのできるお金が底をついてしまったら大変困ってしまいます。そのような時、あなたならどうしますか?カードローンで借りますか?それとも友達から借りますか?

今回は、カードローンを利用する場合・友達から借りる場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

カードローンでお金を借りるメリット

まずは、カードローンでお金を借りるメリットから見ていきましょう。

【メリットその1】すぐに借りられる!

1つ目のメリットは、「すぐに借りることができる」という点です。カードローンの中には、カードローンの運営をしている金融機関に申し込みをして、数時間以内に審査が完了するカードローンも少なくありません。即日融資も可能であるため、お金が無くて困っているという方でも、その日のうちにお金を手に入れることができるのです。

 

【メリットその2】何度でも借りられる!

2つ目のメリットは、「何度でも借りることができる」という点です。カードローンの場合、審査時に利用限度額が定められます。この利用限度額の範囲であれば、何度でも好きなタイミングで借り入れをすることができます。

一度契約をしておけば、もし次回お金が無くて困った状況が訪れても、再度審査を申請する必要は無く、すぐにお金を借りることができるのです。しかし、一度解約をしてしまっていると再審査が必要になりますので、注意しておきましょう。

 

このように、カードローンはほかのローンに比べると、手軽に融資を受けられるといった魅力があります。では、その反面どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

カードローンでお金を借りるデメリット

【デメリットその1】利息を支払わなければいけない

1つ目のデメリットは、「利息」です。金融機関はボランティアでお金を貸しているわけではなく、ビジネスとして貸しています。

貸金業者の利益は、お金を貸して返してもらう時に一緒に支払ってもらう利息となります。利息が無ければ貸金業者は経営をすることができないので、無利息期間などのキャンペーンを除き、基本的に利息がかからないカードローンはありません

一般的に、カードローンの利息は日割り計算となっており、1日ごとに利息が付与されていきます。利息は利用者自身で決めることはできず、各金融機関が定めた金利によって計算されています。

もし、「どれくらいの利息が発生しているか知りたい」という場合は、金融機関のカスタマーセンターなどに問い合わせれば、利息額を教えてもらえるでしょう。なお、少しでも利息額を減らしたいのであれば、1日でも早く返済することが大切なポイントです。

 

【デメリットその2】負の連鎖を招きやすい

2つ目のデメリットは、「負の連鎖」を招きやすい点です。カードローンは先述した通り、「限度額の中であれば何度でも借り入れが可能」です。そのため、「今月も、今月も…」といったように返しては借りての繰り返しをすると、中々完済をすることができず、負の連鎖に陥ってしまいます。

何度でもカードローンでお金を借りてしまうと、お金を借りている意識が段々と薄れていってしまい、多重債務に陥る可能性が高くなるため注意しておきましょう。

 

【デメリットその3】返済できなくなった時のリスクがある

3つ目のデメリットは、返済できなくなった場合にリスクが存在している点です。カードローンの返済ができなくなってしまうと、財産が差し押さえられてしまったり、給与が差し押さえられてしまったりと、生活に支障が出てしまう恐れがあります。保証人を立てている場合は、保証人のほうに請求が行き、保証人の人に迷惑をかけてしまうことになりかねません。

では、返済ができなくなってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?答えは、「相談」です。「自身で返済できないからどうしよう…」と塞ぎ込んで考えるのではなく、借りている金融機関のカスタマーサポートなどにまずは相談をしてください。その時に事情をきちんと話せば、返済プランなどを一緒に考えてもらえる可能性があります。

解決策の例としては、「利息だけを支払う」と言うものがあります。金融機関側としても、少しでもお金を回収したいため、利用者が全額完済できるようなプランを練ってくれるケースが見られます。このように、ひとりで何とかしようとするのではなく、まずは困ったら相談をするところから始めましょう。 

 

上記の3点が、カードローンで借りる主なデメリットとなります。審査が早くすぐ借りることのできる一方、利息や負の連鎖などのデメリットがあるため、しっかりと計画して利用することが大切です。

 

カードローンのデメリットへの対策法

上記でご紹介したデメリットに関しては、カードローンを利用する前に準備をしておくことによって、ある程度リスクを軽減することができます。以下では、カードローンのリスクを軽減させる方法をご紹介していきましょう。

 

○利息に関する対策

カードローンを使っている限り、利息は必ず発生します。しかし、初めて利用する場合は、「無利息期間」などを設定する金融機関も存在しています。無利息期間とは、一定期間利息がかからない期間のことであり、キャンペーンとして実施されているケースが多くなっています。

この無利息期間内に返済をすることができれば、利息を発生させずに済みます。もし、無利息期間内に返済しきれなくても、借りた日数から無利息期間はマイナスされて利息計算されますので、結果的に支払う利息の額を減らすことができます。

 

○返済のリスクへの対策

「返済のリスクを少しでも抑えたい!」と感じるのであれば、カードローンでお金を借りる前に、返済計画を立てると良いでしょう。例えばメモ帳などに、「収入額」と「返済額」などを書き出し、日々の生活に無理が無いかをチェックします。

収入額と返済額が分かれば、月々の経済的な余裕を把握することができるでしょう。その余裕分が、あなたの「返済能力」となります。返済能力の範囲内であれば、お金を借りたとしても、返済のリスクが高まることはありません

また、家計簿をしっかりとつけていけば、不要な支出を削ることにもつながります。カードローンの利用を考えている人は、家計の見直しも兼ねて一度返済計画を練ってみましょう。

 

カードローンの選び方のポイントをつかもう

カードローンを提供している金融機関は、国内だけでも数多く存在しています。では、初めてカードローンを利用する場合には、どのようなポイントでカードローンを選べば良いのでしょうか?

選ぶ基準は人によって異なりますが、まずは「大手の貸金業者」の情報から確認してみましょう。大手の貸金業者であれば、「無利息期間」や「しっかりと審査をしてくれる」など、大手ならではのメリットがあります。初めてカードローンを使うという方でも安心できるようにサポート体制も充実していますので、安心して利用しやすいカードローンとも言えるでしょう。

以下では、カードローンを提供している大手の貸金業者を2つご紹介していきましょう。

 

・アイフル

スマホからでも5分でラクラク申し込み!

1つ目は「アイフル」です。大手で有名なアイフルは、誰もが利用しています。最大30日間金利ゼロ。事前にご融資可能か1秒診断。今すぐお金を借りれます!はじめての方や2回目の方におススメです。

アイフルはWeb完結申し込みがあり、カードレスでWeb上の取引だけでカードローンを組むことができます。この方法であれば郵送物がありませんので、周りの人にカードローンでお金を借りていることを知られないのがメリットです。
また、初回の方は契約から30日間は無利息期間となり、30日以内に返すのであれば利息がかかりませんので、返済金額も抑えやすいでしょう。

アイフル公式サイト ネット申し込みでラクラク借りれる

 

・アコム

2つ目は、「アコム」です。アコムはインターネット上で契約をすると、即日融資も行ってくれます。

また、初めてアコムを利用するという場合には、金利がかからない無利息期間が30日間設定されています。30日間であれば金利がかからないので、「少額を借りて早めに返済したい!」という人であればアコムがおススメです。

キャッシングのアコム|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアコム

 

このほかにも、国内にはカードローンを提供している金融機関が多く存在しています。ご自身に合っているカードローンを選べば、リスクを抑えつつお得な形で融資を受けることができるでしょう。

価格.com – カードローン比較 – 約20社の金利・評判をチェック

 

友人からお金を借りるメリット

6096400478_89404b7c68_b

By: hzm_k

次は友人からお金を借りるメリットについてですが、メリットは大きく分けて3つあります。

 

【メリットその1】利息がかからない!

1つ目のメリットは、「利息がかからない」という点です。カードローンでお金を借りると利息が発生し、元本と一緒に返済しなければならないため、借金が大きく膨らんでしまうリスクがあります。

しかし、友人からお金を借りれば利息がかからないので、借りた金額だけの返済で済みます。もちろん、お金を快く貸してもらうために手土産などを持参する場合もありますが、それを含めてもカードローンの返済金額よりは抑えやすいでしょう。

 

【メリットその2】安心して借りられる!

相手が友人であれば、利息の面などで騙されるようなこともありません。大手のカードローンを選べば、悪質業者に特に注意する必要もありませんが、安心できるカードローンを選ぶには情報収集にある程度の時間をかける必要もあるでしょう。友達にお金を借りれば、そのような時間を節約することにもつながります。

 

【メリットその3】手間を省くことができる!

3つ目は、「書類を揃えなくて済む」という点です。カードローンに申し込みをする際には、収入証明書類や本人確認書類などさまざまな書類を用意しなければならず、手間がかかってしまいます。時には、書類が足りず、すぐに借りることができないこともあるでしょう。

友人から借りる場合はこのような書類を揃える必要は無く手間を省くことができます。

 

友人からお金を借りるデメリット 

友人からお金を借りる際には、上記のようなメリットがある一方で、いくつかのデメリットにも注意しなければなりません。では、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

【デメリットその1】返済が滞りやすい

1つ目は、「返済が滞りやすい」という点です。友人からお金を借りるケースでは、返済期間が曖昧になりがちであり、それが影響して返済が滞りやすい傾向にあります。

そうすると返済が滞ってしまい、友人から「一括で返してほしい」と催促され、さらに周りの人からお金をかき集めて返済し、今度はそっちに返済して…といった状況に陥りやすいのです。毎月強制的に返済が来たほうが、人間はきちんと返済に対応します。

 

【デメリットその2】信頼関係を崩しやすい

2つ目は、「人間関係が悪化する」という点です。お金の貸し借りでトラブルが発生した場合、人間関係が大きく悪化し、場合によっては法廷で争う事態に発展する可能性があります。

トラブルの種として一番多いのは、「借りた金額」です。この部分で双方の言い分が食い違ってしまうと、面倒なことになりやすいです。

 

友人からお金を借りる時のトラブル回避法

友人からお金を借りる際のトラブル回避法は、「借用書」を作るということです。お金を貸す側と借りる側は、きちんと話し合って借用書を作り、双方が1枚ずつ保管しておきます。借用書には、次のような事柄を記載しておくと良いでしょう。

 

・借りた金額

・借りた人の名前・住所・電話番号・印

・返済期日または返済方法(例:毎月○○円を××に振り込む)

・貸した人の名前・住所・電話番号・印

 

少なくともこの4点は必ず盛り込み、お互いが納得をした上で借用書を作成しましょう。必ず2枚印刷して、1部ずつ双方が持ち合わせることで、トラブルを回避することができます。

お金に関するトラブルは深刻な事件につながりやすいので、いくら親友同士であったとしても、このように借用書を作っておくことが大切です。互いに信頼感を確認しあうことができ、かつ、トラブルを回避することができます。

また、借用書は作って終わりではなく、きちんと保管しておきましょう。何かトラブルがあった際に、その借用書をどちらかが紛失してしまっていると、何の効力も無くなってしまいます。そして、返済が終わったら双方の借用書を互いに持ち寄り、その場で処分してください。そうすれば、「返済し終わったのにまだ請求してくるのか!」といったトラブルも避けられます。

 

まとめ

いかがでしたか?以上が、カードローンと友人からお金を借りる場合のメリット・デメリットとなります。

どちらが優れているというわけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。借りたい金額やお金が必要な理由など、自分の状況を踏まえた上で、どちらを選ぶべきなのか慎重に決めるようにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

お金に関するカンタンなアンケートでもれなく全員に1,000円プレゼント